整体師 セラピスト

整体師とセラピストの違い

最近セラピストとか言われるようになりました。
これはいろいろ種類があり、アロマセラピストが一番有名かもしれません。
アロマセラピストの場合はアロマを主に使ってリラクゼーションを提供するというお仕事です。

 

それに対して、整体師のセラピストというのも存在します。
これもリラクゼーションが主なお仕事になります。

 

セラピスト=整体師と思ってもらっても良いとは思います。

 

違いとしては、体をほぐすということが主な施術になるでしょう。
リラックスしたいという方向けの整体ということです。

 

こういった整体師を最近では、セラピストと呼ぶことも増えています。
どこで仕事をしているかと言えば、ホテルなどの施設で整体師=セラピストの活躍が多いですね。
リラクゼーションマッサージが今、流行っているので仕事も多いです。

 

利用するお客さんはサラリーマンやOLなどが多いです。
疲れている現代人にはとても良いサービスとして好評です。

 

一般的に整体師と言うとクリニック的なイメージはあると思います。
準医療関係といったイメージです。
しかし、正確に言うと整体師は医療ではないですし、医師でもありません。
そこは注意しておいた方が良いでしょう。

 

顧客にリラクゼーションを提供するという意味合いが最近では強いです。
その一方で体を治すという整体技術もあるようですから、整体師の活躍の場というのは拡がっていますね。

 

ただ、整体師の数はそれほど増えていない現状はあると思います。
それはアルバイトのように明日から働きたいから働けるというものではないからです。
勉強が必要ということですね。

 

しかしこれはメリットとしても考えられます。
一旦、整体師になれれば競争はそれ程多い訳ではありませんので、ずっと続けられるということでしょう。

 

他の仕事だとそうもいきません。
サラリーマンでも一生続けられる仕事かと言えば、疑問を持っている方が多いのが現実。
一生ものの仕事が欲しいという人にも整体師は良い仕事です。

 

<整体師を始めようかな・・・?詳細>